お知らせ

【ニュースリリース】

RaySheetの条件付き書式を強化。Salesforce Community Cloud上で簡単に情報共有が可能
― 視認性の高い業務管理画面を作成。社外と連携した業務も効率的に管理 ―

2020/10/14


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、クラウド型CRMのSalesforceでExcelと同等の操作性や視認性を実現するSalesforce AppExchangeアプリ「RaySheet(レイシート)」の条件付き書式を強化。数式を使った条件設定やアイコン表示の機能追加により、条件に応じて自動的に外観を変更する高度な書式設定が可能になりました。

RaySheet

RaySheetはSalesforceの商談や取引先の一覧をExcelライクに表示/編集する機能を提供しているSalesforce AppExchangeアプリです。Excelライクにデータ入力ができることからSalesforceの運用定着に寄与しています。

今回のアップデートでは、条件付き書式の機能を強化。条件に数式が使えるようになり、項目の値やif関数による分岐といった高度な条件で行の色を変更したり、アイコンセットで数値の増減を表示したりと視認性を向上させる機能追加を行いました。また、顧客やパートナー、社員がコラボレーションできるオンラインソーシャルプラットフォームSalesforce Community CloudにRaySheetPageの配置が可能になりました。Salesforce側で権限設定を行えば必要な情報のみを社外の人と共有、データの閲覧や編集も容易にできます。

これにより、例えば複数の配送業者が関わる配送業務の出荷状況や出荷予定日に応じて動的に色が変わる出荷管理をRaySheetで作成して、Salesforce Community Cloudで共有することで出荷漏れの防止や社外と連携した素早い顧客対応を実現します。

条件付き書式の数式条件を設定

RaySheetではビュー毎に書式ルールを管理することができます。編集画面にはルールを適用する範囲と数式やアイコンセットなどの書式スタイルを選択して条件設定を行います。

条件付き書式の設定
数式を使った条件設定の活用例

出荷状況と出荷予定日に応じて色を変更し、視覚的に優先度を確認する

数式を使った条件設定の活用例1

商品区分の選択項目に応じて色を変更し、不要な入力を防ぐ

数式を使った条件設定の活用例2

Salesforce Community CloudにRaySheetPageを配置

RaySheetで任意のオブジェクトの一覧を作成。ノーコードで画面レイアウト設定ができるRaySheetPage Designerを使って配置したいレイアウト画面を作成します。作成した画面をエクスペリエンスビルダーのコンポーネントパネルから選択し、Salesforce Community Cloudに配置します。

Salesforce Community CloudにRaySheetPageを配置

お問い合わせ


本製品に関する一般の方のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 営業部
TEL: 050-5490-4660

報道関係のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 マーケティング部
TEL: 022-777-8210



お知らせのトップへ

お問合せ