お知らせ

【ニュースリリース】

RaySheet、Salesforceフローを組み合わせてデータ一括処理による業務自動化が可能に
― Flow Builderで作成したフローを直接呼び出す「フローアクション」を追加 ―

2021/06/09


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は2021年6月9日、クラウド型CRMのSalesforceでExcelと同等の操作性や視認性を実現するアプリ「RaySheet(レイシート)」にSalesforceのFlow Builderで作成したフローを直接呼び出して処理を行う「フローアクション」機能を追加しました。

これにより、複数のレコードに対して一括でフローを実行したい業務プロセスに対応、自動化できる業務の幅が広がります。「RaySheet」はSalesforceが運営するビジネスアプリのマーケットプレイスであるAppExchangeよりご利用いただけます。

フローの概要説明

RaySheetは、Salesforceの商談や取引先一覧をExcelライクに表示/編集する機能を提供しているAppExchangeアプリです。Excelのようなフィルタリングや一括入力、ノーコードでSalesforceの画面をカスタマイズすることにより業務に即したビューを作成できます。

今回のアップデートでは、SalesforceフローをRaySheetから直接呼び出す「フローアクション」機能を追加。ノーコードでビジネスロジックが独自に設計できるFlow Builderで作成したフローをRaySheet上で実行できます。これまでは、カスタムアクションにURLを指定してフロー連携を行っていましたが、フローアクションが追加されたことにより設定画面上で簡単にフローを選択できるようになりました。また、フロー実行後の煩わしい画面切り替えもなくなり、RaySheetビューの再読み込みも自動実行できるため、操作面もスムーズに行えます。

呼び出すフローは簡単に設定可能

RaySheetからフローを実行する大きな利点は、複数のレコードに対してデータの一括処理ができることです。通常の場合、1レコードごとにフローを実行しますが、本機能はRaySheet上で選択した複数のレコードをパラメータとしてフローに渡すことで一括処理が可能になっています。

活用例:商談から見積に必要な商品を選択して、見積と見積明細を一括で作成する


活用例:商談から見積に必要な商品を選択して、見積と見積明細を一括で作成する
> 動画で確認する

見積を作成したい商品を複数選択してフローを実行することで、対象商品の見積と見積明細を作成できます。また対象商談のフェーズもあわせて変更します。これにより、複数の見積を簡単に作成することができます。

活用例:商談から見積に必要な商品を選択して、見積と見積明細を一括で作成する
▲ フローの全体図と一連の流れを設定したFlow Builder

フローの流れ

  1. 見積レコードを作成
  2. 商談のフェーズを「見積書作成」に変更
  3. 選択した商品から明細を作成

一覧画面はノーコードでRaySheetビューを自由にカスタマイズできるRaySheetPageを用いて作成しています。画面遷移することなく業務に必要な情報を一つにまとめて表示できるため、作業効率化につながります。

> RaySheetPageについて詳しく知る

このほか、今回のアップデートでは見やすさ、使いやすさを強化する新機能や機能改善を行っています。詳細は6月16日(水)に行われるオンラインセミナーにて解説します。
RaySheet V12新機能紹介セミナー詳細・申し込みはこちら

お問い合わせ


本製品に関する一般の方のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 営業部

E-mail: es.sales@grapecity.com
TEL: 050-5490-4660

報道関係のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 マーケティング部

E-mail: es.marketing@grapecity.com



お知らせのトップへ

お問合せ