お知らせ

【ニュースリリース】

RaySheetがクラウド型SFA上の集計機能を強化
損益予算管理や予実管理など経営状況の一覧も自由自在
― オブジェクトをまたぐ集計も柔軟に条件設定して計算できるカスタム小計機能をリリース ―

2022/08/24


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4 代表取締役社長:馬場 直行)は、2022年8月24日にSalesforceの一覧画面と機能を拡張するAppExchangeアプリ「RaySheet(レイシート)」をアップデートし、クロス集計機能を大幅に強化しました。これによりSalesforce内での高度な集計を自動化できます。

近年、多くの企業がDX戦略を掲げ、持続的な成長のために経営状況を迅速に把握できるプラットフォームを求めています。そのためには予算や実績、経費の各データを1箇所に集約し集計することが必要ですが、RaySheetはExcelの外観と操作性でSalesforceに情報を入力できるため、現場の担当者の負荷を大幅に軽減させながら営業情報を無理なくSalesforceに集めることが可能です。また、クロス集計機能(RaySheetPivot)の搭載により集めたデータをExcelのピボットテーブルのように集計できます。

メインビジュアル

今回のアップデートでは、RaySheetPivotに「カスタム小計」という機能を追加しました。カスタム小計は、クロス集計の集計結果に対して独自の計算式を設定し、一覧上の任意の行や列に挿入できる機能です。商談と受注といった異なるオブジェクトも集計対象にできるため、CSVに出力してからExcelで加工するといった手間をなくし、自由な切り口の分析をリアルタイムで行えるようになります。例えば、予算から販売管理費の小計を算出したり、受注データから営業利益をリアルタイムで確認する、あるいは取引先ごと、事業部ごとの予算と実績の差異や達成率をひと目で把握するといったことが可能になります。

案件から受注までのデータをSalesforceに集約しRaySheetで柔軟に集計を行うことで経営情報が一元化され、リアルタイムに状況を把握するプラットフォームを構築できます。


RaySheetPivotカスタム小計の活用例

損益予算計算

予算データを損益計算書のように月別で表示する例。利益と経費のバランスを科目ごとに検討しながら予算の策定が可能。

損益予算計算
予算と実績の比較

予算オブジェクトと商談(実績)オブジェクトを突合させて、差異と達成率を計算させている画面。異なるオブジェクトのデータを1画面に表示させ、柔軟な集計が可能。

予算と実績の比較

RaySheet V14の新機能

  • RaySheetPivotの集計機能を強化
  • ビューをサブフォルダで管理
  • 重複ルールを反映したアラート表示
  • グループ列ヘッダーの開閉状態の初期設定が可能
  • 検索機能の動作改善
  • 操作性・表示の改善
  • Salesforce Industry Cloudのうち2つの製品をサポート
    ・Salesforce Financial Services Cloud
    ・Salesforce Manufacturing Cloud
  • どこでもViewにビューのリストを取得するAPIを追加

RaySheet v14 更新履歴



お知らせのトップへ

お問合せ