どこでもView

どこでもViewとは

どこでもViewとはRaySheetの機能をコンポーネント化したものでVisualforceページの開発部品として利用できます。Visualforceページに簡単なコードを埋め込むことで一覧ビューを持つ業務画面を作成できます。

VisauforceページにRaySheetを追加することが可能
VisualforceページにRaySheetを追加することが可能

どこでもViewのメリット

どこでもViewはあらかじめ作成したRaySheetの一覧ビューをVisualforceページに組み込むためSalesfoeceのあらゆる場所でExcelライクな一覧が使用できます。一覧ビュー内の設定はRaySheetのデザイナを使用するので、導入時の業務画面開発や導入後のメンテナンスにおいて一覧ビューの設定に変更が発生してもマウス操作だけで即座に対応できます。

(1)Salesforce導入時の画面作成コスト削減

Salesforce導入時の画面作成コスト削減
  • 簡単なコードだけでVisualforceページに一覧ビューの組み込みが可能
  • 一覧ビューはRaySheetデザイナで作成するのでマウス操作だけで完結

(2)導入後のメンテナンスコスト削減

導入後のメンテナンスコスト削減
  • 列項目の追加など一覧ビューの改修が発生してもマウス操作だけで対応可能
  • RaySheetデザイナの変更内容はそのままVisualforceページの一覧ビューに反映

Salesforceのさまざまなシーンで利用

どこでもViewはSalesforceの画面内のいろいろなところに追加して利用できます。

● Visualforceタブに追加

タブとして追加できるので利用頻度の高い画面にアクセスしやすくなります。

Visualforceタブに追加

● ページレイアウトに追加

オブジェクトのページレイアウトに追加できるのでレコードページに埋め込んで利用できます。

ページレイアウトに追加

● Lightningページに埋め込み

Visualforceコンポーネントとして利用できるのでLightningアプリケーションビルダーで簡単にレコードページに埋め込むことができます。


Lightningページに埋め込み

● 独自のカスタムインターフェース

Visualforceページで開発する画面の一覧ビューとして利用できます。どこでもViewが提供するAPIを利用すれば業務に適した画面を柔軟に開発することができます。

独自のカスタムインターフェース
お問合せ