の活用例

ユーザー向け パートナー向け

Salesforceユーザー向け

活用例:Salesforce導入のためのRaySheet

Salesforce導入のためのRaySheet

Salesforce導入の目的はデータの共有や一元管理、情報の可視化などさまざまです。情報を分析し自分で戦略を考える経営層やマネージメント層においてこれらはとても重要です。この目的を達成するには、Salesforceで業務を行い、日々データを蓄積することが前提です。
一方、Excelで一覧ベースの業務を行っていた現場からは、詳細ページに遷移しないと編集できない事への戸惑いの声が少なくありません。
RaySheetを使えばExcelのような「行での入力」は変えずにSalesforceを導入することができます。

詳細を見る
活用例:Salesforce活用拡大のためのRaySheet

Salesforce活用拡大のためのRaySheet

Salesforceを導入したけれども、ExcelやGoogleスプレッドシートと併用しているというユーザーは少なくありません。Salesforceにデータが集約されていないことになり、Salesforceの導入目的である経営層やネージメント層での情報活用の精度が落ちてしまいます。
なぜ併用することになってしまうのでしょうか?答えは現場担当者からみたデータ入力の価値とデータ入力の工数のバランスです。たとえば、案件確度の低い商談は入力工数がかかるSalesforceではなくGoogleスプレッドシートで管理し、案件確度が高くなった時点でSalesforceに登録するような運用になってしまいます。
現場担当者にはExcelのような入力工数のかからない入力インタフェースを提供し、データ入力の価値に関わらずSalesforceにデータ入力できる工夫がRaySheetなら可能です。

詳細を見る
活用例:Salesforce効率向上のためのRaySheet

Salesforce効率向上のためのRaySheet

ビジネスが拡大するにつれ商談や商品、見積など扱うデータが増えていきます。特にたくさんの顧客や商材を扱うようなビジネスモデルの企業では、乗算で処理すべきデータが増えていきます。
Salesforceの導入によって得られた情報分析や経営戦略策定のメリットは維持しながら増え続けるデータ処理の効率向上を図る必要があります。
RaySheetを使えばレポートと同様な視認性を持ち、かつ編集可能な一覧上で日々の業務が行え、作業効率を驚くほど上げることができます。

詳細を見る
活用例:Salesforceで業務アプリ開発のためのRaySheet

Salesforceで業務アプリ開発のためのRaySheet

Salesforceはアプリケーションプラットフォームという側面も持っています。SFAやCRMを核としてさまざまなアプリケーションをSalesforce上に構築しクラウドにシステムを集約できることが強みの一つです。
Salesforceには開発に必要な機能が豊富に揃っていますが、今までのスクラッチ開発と同じ開発をしていては、SaaSやPaaSのクラウドを利用するメリットが損なわれてしまいます。
RaySheetは業務アプリで必須といえる「一覧入力」を、SaaSやPaaSを利用するメリットを維持しつつ、ノーコード/ローコードで実現することができます。

詳細を見る

Salesforceパートナー向け

活用例:Salesforce導入支援パートナーのためのRaySheet

Salesforce導入支援パートナーのためのRaySheet

SaaSやPaaSといったクラウドコンピューティングの登場により、導入支援パートナーの役割はアプリケーションをスクラッチ開発し、アプリケーションの保守を担当することから変わりました。
スピードと変化に対応する柔軟性を求められ、迅速に営業とビジネスの問題を解決することにフォーカスする必要があります。
RaySheetを使えば、初期開発や保守など従来の役割を最小限にしてお客様の問題解決に迅速に柔軟に答えることができます。

詳細を見る

Salesforceのあらゆる「入力」を解決

導入事例 活用例 製品資料
お問合せ