活用例

「Excelからコピー&ペースト」するだけで、キャンペーンメンバーに一括登録(インポートウィザード不要)

Salesforceのキャンペーン機能って便利ですよね。マーケティング施策ごとにメンバーを管理でき、メールの配信や、商談と自動的に紐づいて効果を測定できたりします。弊社でもキャンペーン機能をよく使っています。

そのキャンペーン機能ですが、キャンペーンを作成した後、まずはキャンペーンメンバーを登録する必要があります。メンバーリストがSalesforce外にある場合はインポートをする必要があり、大まかに2つのステップを踏みます。

  1. CSVファイルでインポートファイルを用意する
  2. インポートウィザードを起動してインポート実行

この操作、セールスフォースに慣れたシステム管理者目線では「そんなに難しいことではないので、マーケティング担当者にやってもらおう」としたいところですが、実際マーケティング担当者に依頼すると

「え!Excelファイルですでにメンバーリストが準備してあるのにCSVファイル作らなければならないの?」
「インポートウィザード!?よくわからない機能を触るのは怖いなー」

という流れになり、インポート作業はシステム管理者側のタスクになるのが現実ではないですか?システム管理者側の作業になることで業務のスピード感も損なわれます。

メンバーの追加 – インポートファイル
メンバーの追加 – インポートファイル
インポートウィザード
インポートウィザード

少し前置きが長くなってしまいましたが、この記事では「RaySheet」を使い、インポートウィザードを使わないで、マーケティング担当者でもキャンペーンメンバーを一括で登録できる方法をご紹介します。マーケティング担当者に必要とされるスキルは「Excelからのコピー&ペースト」だけです。

1)メンバーリストのExcelファイルの準備

メンバーリストのExcelファイルの準備をします。今回は下記のような展示会で獲得した名刺情報のリストをキャンペーンメンバーにインポートします。

インポート元ファイル
インポート元ファイル

2)RaySheetの入力用ビューを作成

RaySheetはExcelからRaySheetへコピー&ペーストができ、簡易的なデータインポート・一括登録のツールとしても使用できます。そのためにはまず、コピー元のExcelと同じ列項目を持ったRaySheetのビューを作成する必要があります。今回はキャンペーンメンバーの元となるリードオブジェクトに対して以下のようなビューを作成します。

RaySheetの入力用ビュー
RaySheetの入力用ビュー

なお、RaySheetのビューは共有できますので、ビューの作成はシステム管理者が行い、マーケティング担当者に共有すればOKです。

3)Excelからコピー&ペースト

メンバーリストのExcelファイルからRaySheetにコピー&ペーストするだけでリードオブジェクトに一括登録することができます。

エクセルからコピー&ペースト
エクセルからコピー&ペースト

システム管理者が入力用のビューを作成してしまえば、マーケティング担当者はコピー&ペーストするだけです。

4)キャンペーンメンバーへの追加

リードにリストを一括登録することができましたので、次はキャンペーンメンバーへ登録します。
こちらもRaySheetから登録することができます。

1. 登録したリストを全選択する

リード一覧の全選択
リード一覧の全選択

2. [アクション]-[キャンペーンに追加]をクリック

「キャンペーンに追加」メニューを選択
「キャンペーンに追加」メニューを選択

3. 「メンバーの追加」ページが表示されるので対象のキャンペーンとメンバーの状況を選択し[キャンペーンに追加]ボタンをクリック

キャンペーンメンバーの追加
キャンペーンメンバーの追加

4. [完了]ボタンをクリック

キャンペーンメンバーの追加完了
キャンペーンメンバーの追加完了

これでキャンペーンに追加できました。

まとめ

システムの利用者側(マーケティング担当者)がアレルギー反応を起こしがちな「CSVファイル」や「インポートウィザード」といったことを使わないでキャンペーンメンバーへ一括登録することができました。必要なスキルは「Excelからのコピー&ペースト」だけです。

マーケティング担当者としてもスピード感をもって業務を進められますし、システム管理者も余計なタスクを負わなくて済み、お互いが本来の業務に集中することができるようになったと思います。
> RaySheetを無料トライアルで利用する

活用例一覧に戻る

お問合せ