お知らせ

【お知らせ】

新製品「手書き入力」アプリ“RayPen(レイペン)”をSalesforce AppExchange上でリリース/製品シリーズ名を「RayKit(レイキット)」へ
― バーコード、ExcelライクなUI、手書き入力でSalesforceの入力をもっとスマートに ―

2018/09/12


グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、2018年9月12日にSalesforceに手書き入力機能を提供するRayPen(レイペン)を発売します。価格は1組織につき月額10,000円です。(50ユーザーまで)。また、RayPenの発売に合わせて、これまでは「GrapeCity for Salesforce」として展開していたSalesforce用アプリの製品シリーズ名を「RayKit(レイキット)」に改めリニューアルします。

これにより、Salesforceにバーコード機能を提供する「GrapeCity Barcode for Salesforce」は「RayBarcode(レイバーコード)」にSalesforceをExcelのような入力・編集操作にできる「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」は「RaySheet(レイシート)」にそれぞれ名称が変わります。

RayKitはSalesforceの「入力」を支援する製品群の総称です。SalesforceはCRMプラットフォームとして世界中で活用されていますが、自社業務に合わせてローコード/ノーコードで素早く簡単に業務アプリを開発できるプラットフォームとしても使われ、さまざまな業種の業務を支えています。RayKitはそのようなSalesforceに幅広く柔軟に使える優れた「入力インターフェース」を提供します。Salesforceと同様にローコード/ノーコードで開発できるよう設計された入力インターフェースにより、ExcelライクなUIで効率よくデータ入力・編集できたり、スマートフォンでバーコードを読みとったり、手書きしたデータを取り込んだりと、あらゆるシーンでスマートにSalesforceにデータを蓄積できる業務アプリ開発を支援します。


Salesforceのさまざまな業務シーンでスマートなデータ入力

新製品 Salesforce専用手書きコンポーネント「RayPen」

RayPenは手書き機能をSalesforceアプリに追加できるコンポーネントです。現場の点検作業などで、作業完了報告書に顧客の受領サインが入ったデータをSalesforceで管理するといった業務アプリを簡単に作成できます。


手書きアプリを簡単に作成

RayPenはLightning Platformで利用できます。数行のコードでRayPenの設定を記述するだけで画面上に手書き領域を配置できます。作成したアプリをSalesforceのモバイルアプリ(旧名称Salesforce1)で実行すると1タップで手書き領域が表示され、指先やタッチペンなどで手書きができるようになります。

記述された手書きの署名はイメージデータとしてSalesforceに保存されます。Salesforce内の顧客データや案件データと手書きデータを紐づけることで、紙に直筆サインをもらうような業務をSalesforceで電子化できます。


手書きデータは他のアプリで利用可能

イメージデータは、オブジェクトの項目として使えるのでSalesforceの他のアプリから任意の手書きデータを呼び出したり、帳票上に配置したりといったことが簡単です。Salesforce向け帳票アプリなどのAppExchange上で提供されているアプリと連携させることで、さまざまな業務アプリに手書きデータを活用できます。


既存のSalesforce製品

GrapeCity for Salesforceとしてすでに販売中の製品につきましては、機能的に大きな変更はありません。従来通りお使いいただけます。


RaySheet(レイシート)ExcelライクなUI

SalesforceのデータをExcelのような操作性にします。一括入力や一括編集のほか関連オブジェクトを表示させたり、データバーなどで数値項目を横棒グラフのように表現したりできるなど入力効率とデータ視認性を高めます。列(項目)や行(レコード)を集計できる機能も備えています。

数式を使うことで、取引先ごとの商談金額などを集計

RayBarcode(レイバーコード) Salesforce専用バーコードコンポーネント

RayPenと同様、簡単なコーディングでバーコードアプリを作成できます。生成のほか読み取りも可能。専用のモバイルアプリをスマートフォンなどにインストールすると、バーコードを読み取り、値をSalesforce内で活用できます。対応バーコード種はQRコードやGS1など20種類以上です。

お問い合わせ


本製品に関する一般の方のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 営業部

E-mail: es.sales@grapecity.com
TEL: 050-3201-4980

報道関係のお問い合わせ先

グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 マーケティング部

E-mail: es.marketing@grapecity.com
TEL: 022-777-8210



お知らせのトップへ

Salesforceのあらゆる「入力」を解決

RaySheet RayBercode RayPen
お問合せ