セミナー動画アーカイブ

Webセミナー:アーカイブ動画

活用シーン紹介

画面遷移を減らして見積管理を効率化

Salesforceは業務に欠かせないけど、データの閲覧や編集にかかる時間を短縮したいと考えている方は多いのではないでしょうか。本動画では商談と見積、見積明細の関連データを1つの画面で管理する方法をご紹介します。


視認性の高い出荷管理画面を実現

データ管理に欠かせないSalesforceのリストビューですが大量のデータが並んでいると案件のステータスを把握することが難しくなります。本動画では条件に一致するデータを強調表示して視認性を飛躍的に向上する方法をご紹介します。


RaySheetで実現できる予実管理

年度予算など、ついついExcel管理で煩雑になってしまいがちですがSalesforceで管理すればデータを一元管理できます。本動画ではRaySheetで実現できる予実管理についてご紹します。


シンプル機能紹介

Excelのような機能と操作性

RaySheetはいったいどこまでExcelのような操作性を実現しているのでしょうか。本動画ではExcelの商談管理一覧をRaySheetに置き換えたらどうなるかを例にしてRaySheetの基本的な機能や操作性をご紹介します。


親子関係のオブジェクトの効率的な参照

Salesforceでは参照関係によって関連付くオブジェクトがたくさん存在しますがRaySheetではこれらのデータを効率的に確認できます。本動画では1つの画面上で関連データも含めて効率的なデータ参照ができる機能をご紹介します。


RaySheetPageで複数オブジェクトを参照

RaySheetPageはあらかじめ用意している画面レイアウトにビューを割り当てるだけで画面遷移せずに複数のオブジェクトのデータを参照できる画面を作成できます。本動画ではRaySheetPageの設定方法やユースケースをご紹介します。


RaySheetの操作を制御できる権限設定

社内で多くのメンバーがRaySheetを利用する場合にはデータの参照や更新などの操作権限を適切に設定することが大切です。本動画ではRaySheetの権限設定とビューの共有設定についてご紹介します。


アップデート機能紹介

RaySheet バージョン12

SalesforceフローをRaySheetから直接呼び出す「フローアクション」機能を追加しました。SalesforceフローとRaySheetを組み合わせてデータ一括処理による業務自動化が可能になります。


RaySheet バージョン11

RaySheetPageで独自の参照関係を作成できる「カスタム参照関係」を追加しました。Salesforce側で定義する参照関係以外のオブジェクト同士に参照関係を定義できるので業務に必要なデータを連動して表示できます。

お問合せ